AC-11によるDNA修復促進効果


ストレスや喫煙、睡眠不足、食生活の乱れといった不健全な生活習慣を続けたり、強い紫外線を浴び続けることで、体の中に必要以上の活性酸素が増えてしまうと、DNA損傷を引き起こし、老化の原因となってしまいます。

スウェーデンLUND大学の免疫生物学部の研究の結果、酸化ストレスによって切断損傷された血液中のDNAに対し、AC-11による修復効果が確認されました。

体内に送り込まれたAC-11が、DNAの修復を促進させ、損傷部位を認識、取り除き、新しいDNAを合成するという一連の活動をすることが分かったのです。

また、皮膚に限らず、人間の体のあらゆる部位で、損傷したDNAの修復作業を行っていると考えられています。

AC-11は、サプリメントやドリンクとして摂取することにより、全身の臓器や細胞に運ばれます。

また、塗布する場合は直接肌に働きかけます。

そのため、サプリメントや化粧品にとどまらず、シャンプーや石けん、日焼け止め、口内ケアなど、非常に広範囲にわたって応用や製品開発はすすめられています。

AC-11最新情報メールマガジン(無料)