AC-11で「ハリ肌」再生へ!冬の”たるみ”対策


『いつまでも若々しく綺麗でいたい』

それは時代を超えた多くの女性の願いです。


だけど悲しいかな年齢には勝てず、多くの方が20代後半から老化サインを感じ始め、更に40歳を過ぎると急降下していくように感じます。


老化サインとして、定番のシミや白髪がありますが、実はそれ以上に老けて見える要因があります。それはお化粧や白髪染めでは隠せない“肌のハリ不足”なんです。


様々なハリ不足は実年齢以上に老けた印象を与え、実はたるみケアに悩んでる女性がとても多いのです。


肌のハリ不足ってどうして起こるの?


若い頃はちゃんとハリも弾力もあって、また、健康的でみずみずしく、化粧映えもしていたと思いますが、年齢を重ねるにつれ、肌のハリは次第に衰え、たるみが目立ってきます。


そもそも何故、私達は年を重ねると肌が緩んでしまうのでしょうか?その大きな要因のひとつは年齢に伴ったコラーゲンの減少です。


コラーゲンの生成量は20歳頃をピークに、その後は少しずつ生成量が低下していき、50代になる頃には20代の7割程度にまで減少してしまいます。


さて、その私達がよく見聞きする「コラーゲン」ですが、一体コラーゲンとは何なのでしょうか?


コラーゲンとはタンパク質の一種で、元々私達の体内にあります。繊維状の形をしており、細胞同士を繋ぎ合わせるもので、私達の体にとって必要不可欠なものです。


肌に関していうと、真皮の70%がコラーゲンで締めており、健康的な肌を支えるのに、大きな役割を担っています。


たるみケアに必須なベビーコラーゲン



真皮のコラーゲンは主に「Ⅰ型」と「Ⅲ型」がありますが、特に「Ⅲ型」は細くて柔らかい繊維状のコラーゲンで、またの名をベビーコラーゲンと呼ばれ、みずみずしくハリのある肌を保つのにかかせないものとなっています。


ベビーコラーゲンを増やす事は、美肌を保つためには欠かせない要素です。


だけど残念ながら、赤ちゃんの時はたっぷりだったベビーコラーゲンは、年齢とともに減少していき、特に40代に差し掛かると急激に減少していきます。


ベビーコラーゲンを体内に増やす新成分



食品やサプリメントにより、コラーゲン摂取は一般的になってきましたが、そこから一歩進み、ベビーコラーゲン自体を体内で増やす成分として注目されているのが、奇跡の成分と呼ばれるACー11です。


ACー11はスウェーデンのLUND大学の名誉教授ロナルド・ペロー博士により、長年に渡る研究の元、生み出されました。


アマゾンのキャッツクローというハーブから特許製法で抽出しており、FDA(米国食品医薬局)が認可した安全性の高く希少価値の高い成分です。


現在、この成分が、ハリ不足、たるみケアを期待する方々からの人気が高まっており、またACー11は同時にシミケアや紫外線ダメージのケア成分としても、注目が集まっています。


“補う”時代から、自らの機能を高め“生成する”時代へ




私達が美容に目をむける時、健康な体つくりは切り離せません。


私達の体は様々な組織・機能が正常に働いて“健康=美容”が維持されていますが、その健康が、現代の環境下(気象の変化やストレス社会)では必要以上にダメージを受けています。


だからこそ、栄養を“補う”だけではなく、体内の機能を高め“育成する”ことがポイントとなってきます。


自然なまま、自らの機能を高め、健康的に美容力をアップしていく。これからの時代にあったスローエイジングをACー11で実現して行きましょう。

AC-11最新情報メールマガジン(無料)