過剰な活性酸素の発生が肌や体の老化を招く


私たちの体や肌は、約60兆個もの細胞によって作られており、これらの細胞の状態を常に正常に維持しておく事が、体の健康や美容にとって大切です。

ところが残念なことに、細胞は20代半ばから次第に数が減っていきます。

それも、1日10億個(約1g)もの細胞が減るといわれています。


そして、細胞が減ってしまう最も大きな原因は、「活性酸素」の存在です。

過剰に発生した活性酸素は皮膚や体の細胞を傷つけ、減少させてしまうのです。


では、なぜ活性酸素が発生してしまうのでしょうか。


実は活性酸素は喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣や、紫外線、大気汚染などの環境など、様々なことが原因となり、毎日過剰に発生してしまうのです。


そしてこの活性酸素が過剰に発生すると、細胞を傷つけ、壊し、体や肌を老化させるのです。


これがシミやシワ、たるみといった肌の老化や動脈硬化、脳卒中、アトピー、糖尿病などの様々な疾病の原因となるのです。


さらに、体の設計図であるDNAを壊すという大きな危険性につながってしまいます。


健康で美しくあるためには、肌や体の細胞が過剰な活性酸素にさらされないよう、日々心がけておくことが非常に大切なのです。


そして活性酸素によって傷ついたDNAは修復しておかなくてはいけないのです。




AC-11最新情報メールマガジン(無料)