DNAの損傷を修復する奇跡の美容成分



AC-11」は英語で「Active Chromosome-11」と、第11染色体を活性化するという意味で名付けられているのですが、この第11染色体がDNA修復に関わる遺伝情報を記録していると言われています。


また、ロナルド・ペロー博士が長年にわたる研究をもとに、「生来のDNA修復を促進する」ということがFDAに受理されていることからも明らかでるように、AC-11という名前は確固たるエビデンスに基づきネーミングされています。


AC-11はキャッツクローの樹皮を熱水抽出によって濃縮・抽出したエキスを乾燥させて得られる粉末のため、何らかの害を及ぼすような化学物質なども含まれず、またアマゾンの原住民の間では2000年以上にわたり、「薬用」として使用されていた実績を持ち、さらにいくつもの試験が繰り返された結果、その安全性は担保されています。


さらに、1994年、ジュネーブで開かれた国際会議においては、キャッツクロー自体が副作用の無い抗炎症植物としても取り上げられているのです。


今現在も、AC-11に関するさまざまな研究が世界各地で進められており、その範囲は美容やアンチエイジングのみならず、医療や健康の分野まで広範囲に広がっていっています。

分野のみではなく、AC-11が供給される形も、一般食品や化粧品、またサプリメントとしてなど、様々な形で開発、提供されています。


このように、色々な形式で提供されつつも、摂取によってその働きが損なわれることなく、体内と皮膚からの両方からアプローチによる相乗効果が期待されています。


●AC-11の摂取により、期待できる効果 ・生活習慣やストレスによるダメージに対するDNA修復促進効果


・紫外線ダメージに対するDNA修復促進効果


・Ⅲ型コラーゲンの生成促進機能


AC-11最新情報メールマガジン(無料)