AC-11を飲んで日焼けケア-2021


AC-11は日焼け後のリカバリーが優れているというお話です。


DNA損傷修復成分「AC-11」WEBにおいて、過去に幾つか記事を出しておりますが、

専門的な内容となっております。

ですので、2021年版として簡潔にお伝えしたいと思います。


過去記事①:AC-11は飲む日焼け止め


過去記事②:日焼け対策にAC-11




日焼け(紫外線を浴びる)後の状態

日焼け(紫外線を浴びる)をした後、お肌がどのようになっているのか?

こちらから解説します。


肌細胞は本来、紫外線から守るためメラニンを分泌して肌を守ろうとします


分泌したメラニンは、役割を終えたあと、新陳代謝により排出されます。


つまり、数字に置き換えると、10-10=0です。プラスマイナスゼロ。


これが正常な場合の肌細胞による働きです。


しかし、紫外線を必要以上に浴びて、肌細胞がダメージを受けた場合、どうなるでしょうか?


同じようにメラニンを分泌しますが、過剰に分泌してしまいます。


当然、排出もされるわけですが、過剰に分泌した分、プラスになります。


こちらも数字に置き換えると、20-10=10です。メラニンが肌に残ってしまいます。


AC-11は、肌細胞のダメージを修復するため、メラニン分泌量が適量になります。


ですので、AC-11は日焼け自体を防ぐではなく、


日焼け後のケアをしっかりするといったほうが適切だと思います。



私達のオススメする日焼け対策は


SPFとPAがしっかり配合された日焼け止めクリーム+AC-11です。